ほうれい線ができる原因と、おすすめの人気しわ取りクリーム2選

多くの女性を悩ませる肌劣化の一つに、ほうれい線があります。

 

美容整形で消してしまうのがもっとも早くて確実ですが、費用やダウンタイムの問題から、「できれば手術をせずに自分で何とかしたい」と考える人も少なくないでしょう。

 

ここでは、ほうれい線ができる原因と自宅でできる対策方法、ほうれい線が気になる人におすすめの、人気しわ取りクリーム2選を紹介します。

 

今すぐほうれい線を隠したい人のために、ほうれい線が目立ちにくいメイク方法も紹介します。

 

ぜひ参考にしてください♪

 

ほうれい線ができる原因と対策方法

 

ほうれい線ができる原因は肌弾力の低下

 

ほうれい線ができる原因は、肌の弾力の低下です。肌の弾力の低下は、紫外線などによる外的刺激や乾燥、加齢によって引き起こされます。

 

大手化粧品メーカーのポーラの研究によると、紫外線による刺激や加齢などによって肌に炎症が生じると、コラーゲンなどの真皮成分が分解されてしまうそうです。

 

その結果、肌の弾力が衰え、ほうれい線などのしわやたるみが生じるとされています。

 

エクササイズで口周りの筋肉を鍛える

 

ほうれい線を改善する方法の一つに、エクササイズで口周りの筋肉を鍛える方法があります。

 

オーバーなくらいに口を大きく動かし、「あー・いー・うー」とゆっくり発声してみましょう。

 

「あー」の状態で10秒キープ、「いー」で10秒キープ、「うー」で10秒キープするのを、始めは1日15セットを目安に行います。

 

慣れたらキープ時間とセット数を増やしてもよいでしょう。

 

ペットボトルに少量の水を入れて、唇の力だけでくわえるのも効果的です。歯は使わずに、唇だけでくわえることで、口周りの筋肉が鍛えられます。

 

始めはくわえた状態で10秒キープするのを3セット行い、慣れたらキープ時間とセット数を増やしてみましょう。

 

マッサージで頬の凝りをほぐす

 

マッサージで頬の凝りをほぐすことも、ほうれい線の改善につながります。

 

やり方は両手でこぶしを握り、人差し指〜小指の第二関節を両頬に当てます。頬にこぶしを当てたまま、外側に向かって優しく円を描きましょう。

 

1日2分程度が目安です。

 

ただし、肌をこすったり、あまり頻繁にマッサージをすると、かえって肌を傷めてしまい、ほうれい線を悪化させる原因になります。

 

肌をこすらないよう注意しながら、目安時間を守って行うことが大切です。

 

上の画像のような「かっさ」など、マッサージグッズを利用してもよいでしょう。

 

エクササイズやマッサージの前は保湿しておく

 

肌が乾燥した状態でエクササイズやマッサージを行うと、刺激や摩擦によってほうれい線が悪化してしまいます。

 

エクササイズやマッサージを行う前は必ず、クリームなどで肌を保湿しておきましょう。

 

スキンケアはクリームで油分を補う

 

弾力が低下してほうれい線ができている肌は、乾燥した状態になっています。そのため、ほうれい線を薄くするには、スキンケアで肌にうるおいを与えることも大切です。

 

水分を与える化粧水なども大切ですが、クリームで油分を補うのがおすすめです。

 

特にしっかりケアしたい場合は、肌の弾力を回復させる成分が含まれているものや、肌にハリ成分を補ってくれるものを選ぶとよいでしょう。

 

一般に「しわ取りクリーム」と呼ばれるものですが、以下の成分が含まれているクリームは、ほうれい線を改善できる可能性があります。

 

・ビタミンC誘導体
・ナイアシンアミド
・レチノール
・ペプチド

 

ほうれい線対策におすすめの人気しわ取りクリーム2選

 

ビーグレン「たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット」

 

ほうれい線が厳密にはしわではなく、「たるみ」であることに着目したスキンケアセットです。

 

たるみの進行がほうれい線を作り出す連鎖を断ち切ることで、引き締まった上向きの肌を目指します。

 

肌に弾力を与える「アセチルジペプチド−1セチル」をはじめとする、5つの美容成分を配合したマッサージ美容液「QuSomeリフト」と、ビタミンC美容液「Cセラム」を中心に、ほうれい線やたるみのケアに適したスキンケア5点がトライアルサイズでお試しできます。

 

【セット内容】
・クレイウォッシュ(洗顔料)15g
・QuSomeローション(化粧水)20ml
・QuSomeリフト(マッサージ美容液)10g
・Cセラム(ビタミンC美容液)5ml
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(エイジングケアクリーム)7g

 

価格は1,980円、全国送料無料です。肌に合わないときや満足できない場合は、365日間返金保証があるので安心です。

 

 

 

ディセンシア「アヤナス 10日間トライアルセット」

 

アヤナスは、敏感肌・乾燥肌のためのエイジングケアです。しわ・たるみ・ほうれい線・黄ぐすみが気になる人におすすめです。

 

ストレスによってバリア機能が低下し、弾力が失われがちな肌を、特許技術「ヴァイタサイクルベール?」で保護することで、年齢に負けない肌を目指します。

 

成分は、健やかで美しい角層を形成する「パルマリン」、血行促進成分の「ジンセンX」、疲れた肌を本来の状態に還元する「ビルベリー葉エキス」などが配合されています。

 

ゼラニウムとラベンダーの優しい香りで、リラックス効果も期待できます。

 

【セット内容】
・濃密化粧水20ml
・糖化ケア美容液10g
・ハリアップクリーム9g
・薬用シワ改善オイル状美容液1回分
・アイクリーム回分

 

価格は980円、全国送料無料です。

 

30日間返品保証付きなので、肌に合わなかったときも安心です。

 

 

ほうれい線を目立たなくするメイク方法は?

 

ファンデはリキッドタイプを薄く

 

手っ取り早くほうれい線を消そうとするあまり、「ファンデを厚塗りにしたら、ほうれい線の溝に溜まって余計に目立ってしまった」という経験はないでしょうか?

 

口周りは筋肉がよく動く部位なので、メイクがヨレやすいのです。

 

メイクでほうれい線を目立ちにくくするには、ファンデーションはリキッドタイプを薄く塗るのがおすすめです。

 

パウダーファンデーションよりも肌への密着性が高いため、厚塗りにさえ注意すれば均一な仕上がりが長時間持続しやすいです。

 

ただし、いくらメイクを工夫しても、肌が乾燥していてはほうれい線を隠す効果が半減してしまいます。

 

メイクの前は、保湿力の高いクリームなどでしっかりお手入れしておきましょう。

 

ハイライトをほうれい線に対して垂直に乗せる

 

ハイライトを乗せることで、「ほうれい線の影を光で飛ばす」方法も併用するとさらに効果的です。

 

ほうれい線に乗せるハイライトは、パウダータイプよりもリキッドや固形のものがヨレにくく、崩れにくいのでおすすめです。

 

パールやラメが強すぎないものを選ぶと、ナチュラルに仕上がります。

 

明るめのコンシーラーで代用してもよいでしょう。

 

ほうれい線に対して垂直に乗せ、指の腹でやさしく叩くようになじませます。

 

まとめ

 

ほうれい線ができる原因は肌の弾力の低下で、紫外線などによる外的刺激や乾燥、加齢といったものが引き金になります。

 

ほうれい線を改善するには、エクササイズで口周りの筋肉を鍛える、マッサージで頬の凝りをほぐすといった方法が効果的です。

 

クリームで肌に油分を補うのもよいでしょう。ほうれい線が気になる人のスキンケアには、肌の弾力を回復させる成分が含まれているクリームや、肌にハリ成分を補ってくれるクリームがおすすめです。

 

ほうれい線対策のエクササイズやマッサージのときも、事前にクリームで肌を保護するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る